フィァットフェスタ2011その・・最終回

会場で見かけたムルティプラを
画像 025
黒樹脂バンパーのムルティプラ。
このムルは去年のフェスタでも見かけました。
画像 007
前期・後期ムルのお尻。
前後期ではテールランプの形状が違ったり
前期ではリアハッチの中央に MULTIPLA のロゴがありますが
後期ではロゴに変わって、FIATマークがあります。
画像 024
風車でお馴染みのゴムあたまぽん太郎さんのシーラレッドムル。
このホイールは我が家のムル号と同じボーベットのホイールですね。

今回のフェスタで見かけたムルはうちのも含めて5台位でした・・・

画像 023
画像 027
155の参加は多かったですが、兄弟車ランチアデドラ・フィアットティーポは今年も参加無し・・・もう絶滅危惧車なのかな。
画像 030
画像 031
アルファロメオSZ。
画像 021



画像 042


会場に10時頃入って昼過ぎまでかブラブラして、帰りに水紀行館で足湯・矢瀬親水公園のローラー滑り台
で遊んでましたが、ゴムあたまぽん太郎さん一家も同じ所に立ち寄られた様で・・ニアミスでしたね。
また今度風車で!

しかし、矢瀬親水公園のローラー滑り台はスピードがかなり出る為、お尻のダメージが凄い・・・痛過ぎです。
摩擦で尻が熱くなります。こりゃたまらんと
画像 043
あまりの尻の痛さに売店で尻シート(150円)買って滑りましたが
尻シート敷いて滑ると摩擦抵抗が減り、スピード上がって更に尻の痛さ倍増でした。
子供は痛くないんですか?喜んで滑ってますけども。
帰りに親水公園近くの、高橋の若どりというお店に寄ろうとしたが適わず。
前から気になる店なんで、次回寄ってみよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今年はムル少なめ。

今回、改めて旧顔と新顔のムルを比べて見ましたが、新顔も悪くないと思いました。
個性的な旧顔のデザインばかり取り上げられますが、ムルの一番の魅力はあのレイアウトにあるんだなと感じた次第であります。

ムルはムル

たかしさん、おはようございます。
旧新顔の違いって外装のデザインが違うくらいで
内装の奇抜なデザイン・横三列シート、そして運転して楽しいという所は全く同じ
なんだろうなと思います。
あと5000km程で100000km到達のムル号ですが、いまだに飽きない車です。
実用車として何ら不足無く、運転して楽しく、そこそこ壊れず、デザインは・・まあ変ですね(笑)
実用・趣味車を満たす不思議な車なんだなと私も思ふ次第でございます。




樹脂バンパーもいいっすね

更に魚類っぽく見えます
しかし、90年代の車が急激に減ってますねぇ

90年代

めろめさん、こんばんは。
90年代のフィアット車で会場にいたのは、クーペフィアット・バルケッタ等の
趣味性の強い車が多かったですね。
逆に実用車の初代プントの5dr、ブラビッシモ、ティーポとかは殆ど残って無いんですかねえ。
プロフィール

二段腹ムル

Author:二段腹ムル
関東の北の果て、群馬で銀ムルティプラに乗ってます。
我が家の車はこれ一台のみ!
乗っている人は2段腹では御座いませんが、
γ-GTP値ちょっと高め。

車歴
トヨタ・セリカ1600GTラリー

イスズ・アスカイルムシャー
↓   
ランチア・デドラ2.0ie
↓       
マツダ・プレマシー
↓      
フィアット・ムルティプラELX黒

フィアット・ムルティプラELX銀


妻一人 
 子一人
  猫一匹(ノルウェイの森の猫・名前はメイにゃん)の家族構成である。  


最近10何年ぶりにベース弾いてます。
ベース所有歴
 ・カワイ・ロックーンベース

 ・ヤマハBBベース

 ・シャーベル

 ・グローヴァージャクソン

 ・フェンダージャパンジャズベースフレットレス

 ・シェクター

・アリアプロⅡ SB800

好きなベーシスト

ニール・マーレイ

ジョン・ウェットン

レミー・キルミスター

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード